読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The sun rises again.

たのしくにっき

生きる目的

f:id:knockoutcoffee:20170403043400j:plain

昨日は久しぶりに高校の同期と飲み会であった。グランフロント大阪の地下にある世界のビール博物館で、麦酒の飲み放題コースが5000円からあると聞いて、一杯やろうという話になったのである。普通に頼むと一杯1000円近くする麦酒が飲み放題となるのだから、これは飲む人間にとってもとても都合がいい。皆ですべての麦酒を飲み干そうと躍起になり、そしてことごとく私は泥酔したのであった。

彼らとの付き合いもかれこれ長い。中高一貫であることに加えて、小学校の時から面識があるので、下手をすると20年来の付き合いになるのかもしれない。

これほど長い付き合いになると、どうしても加減と言うか、普通の友達に対しては言えないこともわんさか言うようになる。こう思っているのはこちら側だけかもしれないが、とりあえず私は彼らに対して言いたいことを言いたいときに言っているし、それで今後の付き合いが変わるとも思っていない。安心しきっているのである。結局彼らに対して甘えているのだろう。

無論そうやってこちらが適当に言っているがごとく、彼らも私に対して思っていることを率直に言ってくれる。

今回集まった中のひとりが、二股をしているという話になった。彼は、好きな人がいて付き合っているのにもかかわらず、成り行きで事をやってしまった挙句、告白されて断りきれず二股ということになっているようであった。泥酔した私は、これが相手にとって不誠実であると糾弾した。相手は君が自分を好きだと思って付き合っているのに、それに答えないのはどういうことか。君が相手を手玉に取っているのは、情報の非対称を利用した姑息な行為であり、断固許されるべきではない。このように言ったように思う。

しかし、泥酔の勢いに任せてこういったものの、自分が同じ立場になったとしたら、断れるのかは微妙な問題であるようにも思われる。第一私はモテないので、自分で選ぶような立場に居合わせることが無いのである。もし、自分がモテているとすれば、その立場を最大限に利用して、相手を手玉に取るような行為をするかもしれない。それは私の哲学、というと言い過ぎだが、私が生きる上で大事にしている考え方に、ひどく反するものであるけれど、実際にそういう立場に立たないとわからないことというのも、世の中には存在するのだと言うことぐらいは、わかっているつもりである。

その後とりとめない話をし、最後に彼は私に「君は生きる上で自分の利益を全然考えていない。君が思う理想が実現することや世の中が良くなればいいということばかりを考えているので、周りにいる人は大変であろう」ということを述べた。いわく、彼ともう一人は、結局のところ自己利益最大化を目的として生きている、とのことであった。これは私にとって意外に思われた。なぜならば、私は言われるまでもなく、自己利益などはなから考えてはいないし、皆も漠然とそう考えているのだろうと信じて疑わなかったからだ。

確かに、言われてみればそのとおりである。生きる上では、他人は競うべき相手であり、自分が大切にする者を守るためには、自己利益を追い求める必要がある。

その点で、私はちょっと変わっている。自己利益を追い求めることに対して価値を見出していない。それは今までの人生で、自分がなにかを他者から奪われることによって、悲しい思いをすることなく、のうのうと生きてきたことが原因であろう。奪われた経験が無いから、他の人を押しのけて自分が良くなろうということを考えない。しかしこの考え方では、厳しい世の中では生きていけないということぐらいは、私にだって想像がつく。しかし想像と、経験とを天秤にかけたとき、私はどうしても人間の良い面、言い換えると性善説にすがりたくなる。悪くなりたくて悪くなる人はいないのだ。そう信じている。

そして、世の中の人達は私のように考えていない、それは私の大事な、そして親しい友人たちにおいても同様であったことに、改めて気付かされた。それだから、私の考えがどうこうするわけではないけれど、しかし、同じ考えの人があまりいないというのは、些か悲しいものである。