The sun rises again.

たのしくにっき

泥酔そして泥酔

夕方からの論文紹介に参加して、特にやることもないのでそのまま研究室を後にし、生協の本屋へ。目当ては森見登美彦の新刊だったのだけれど、なぜか置いておらずなんとなくいつもは読まない男性向けのファシッション雑誌を手に取った。

そこにはおしゃれでかつ身長が高くてかっこいいモデルがたくさん乗っていて、購買意欲を煽るようなキャッチーなコピーが添えられている。これを見てこれをほしいと思う人がいる一方僕のようにその世界とこちら側との断裂を感じて悲しくなる人もいるのが面白いなと思っていた。
断裂とは、どうあがいてもそちらには行けそうにないという思いである。僕がいくら頑張っても身長は変わらないし顔も変わらない。スタイルぐらいかかろうじて。そう思うと、その人達から見れば僕は身体障害者であるようなもので、なのにも関わらず特にこれに関して救済はない。美しさは残酷。

そのあと一人でだらだらと家に歩いて帰っていた。つまらないので酒でも飲もうと酒屋へ行き、酒を買ったときに飲みに行きませんかという連絡が。喜々として行く旨を伝え急遽花金の飲み会になった。

結論から言うと、これはとてもひどい飲み会だった。僕はひどく酔っ払って、わけのわからないことを喚き散らし、どうやって帰ったかわからないが家についたときにはもっていた本はなくなっており、手にはローソンで買ったおにぎりと栄養ドリンクとお茶があった。

とても気持ちが高ぶっていた僕は、その後SNSになにやらつぶやいていた。というのもそこからの記憶が曖昧であるからである。内容を記すにはあまりにつらい。なぜかってとてもひどい文章だったからだ。ありていに言ってしまえば、要するに死にたいということらしい。

今思うととてもひどい。醜態とはこれを指す言葉である。一言言うなら「甘えるなよ俺」。結局僕は色々な嫌なことから逃げたいだけなのだ。それに対して、いろいろと言い訳をしている、ただそれだけ。理屈っぽいときは人は感情的である、というのは誰かの言葉だった気がするがよく覚えていない。理屈っぽく加工してけむにまこうと必死であった。誰をか、僕をである。僕が僕のことをよくわかろうとしていないこと、これが根本的な原因でありかつ諸悪の根源だ。