The sun rises again.

フィクション

肉落ち骨秀で、眼光もいたずらに炯々として

ともに、我が臆病な自尊心と、尊大な羞恥心の所為である、己の珠に非ざることを恐るがゆえに、あえて刻苦して磨こうともせず、また、己の珠なるべきを半ば信ずるがゆえに、碌々として瓦に位することもできなかった。