読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The sun rises again.

たのしくにっき

区切り

先日、大学院の卒業式があった。本当はこの手の行事物はあまり参加したくはないのだ。節目が来たからと言って、特に新しく私ができることが増えたわけでも何でもないし、時間と移動する体力を奪われてしんどいだけだ。 しかし母親が実家からわざわざ出てきて…

結婚式

先日人生で初めての結婚式に出席した。 結婚するのは、今度働くことになる会社の社長さんである。今まで結婚式に参加したことがなかったので、誘われたときには、ついに結婚式に出られる、という興奮で即是に参加します旨を伝えたのであったが、日にちが迫っ…

ホワイトデーのお返しをしなくてはならない。そう気がついたのは、すでにホワイトデーがとっくに過ぎた3月半ばであった。そもそも、バレンタインデーとか、ホワイトデーとか、ハロウイーンといった行事に対して、あまり関わりのない人生であったため、日付を…

「京都から離れるの。寂しいものですね。」 「はあ。」 「今度はどこに行かはるんですか?」 「大阪です。」 「大阪!東京京都ときて今度は大阪ですか!いろいろ行かはりますね。次は北海道かな?」 「はは。ことによると沖縄かもしれません。」 「でもあれ…

進行よし

久しぶりに香川に居る母方の祖父母の家に行った。仲が悪いというわけではないのだが、ただ物理的に香川が遠いという理由によって、あまり顔を見せる機会がなかったので、就職という節目で一回会いに行ったらどうか、という話になった。 松山から特急しおかぜ…

彼女は仕事ができない

スーツを買いに行った。地元の商店街に入っているチェーンの店で、以前京都でも数回そこでスーツを仕立てたことがあり、その時の価格と形が気に入っていたので今回もそこで買おうと思ったのである。 びっくりしたのは、夏に入っていたはずのサイズが入らず、…

インフルエンザ

その日は久しぶりに高校の同期と旅行に出かけていた。 学生最後の休みを故郷の四国で遊ぼうと企画された旅行で、前々日には市内を駆けまわって松山城、分校ラーメン、母校、そして道後温泉と飛び回り、前日はレンタカーを借り、四万十川で川遊びをしたあと高…

学びについて 2

2017年2月25日、晴れ。 前日に高校の同期とたらふく飲んで、食べて、そして気づいたら私はベットで、彼はこたつで寝ていた。部屋の立派さは変わったけれど、やっていることは学部の2,3年の頃と何も変わっていないことを発見して、彼とは年をとってもこうやっ…

学ぶということ

昨日は彼女の研究室の先生と、学生と飲み会。先生がとても飲む人だと聞いていて僕を潰すつもりでいるというのを聞いていてビビっていたけれど、気づいたら僕の方から楽しくなって、ぐいぐいと飲んでしまっていた。やはり楽しくなると、限度とかそういうもの…

がまん

最近我慢が全くできなくなっていることに私は気がついた。晩御飯を作りながらつまみ食いは当たり前。やるべきことをほっておいてやりたいことばかりする。人と会う予定を立てれば予定の当日になるととたんに会いたくなくなって、気がついているのにもかかわ…

うそつき

また一つ、嘘をついてしまった。今日は京都マラソンがあって、それに僕は参加する予定だったのだ。しかし、直前になって、どうでも良くなってしまった。別に43キロ弱を走ることに、なんの意味があるのだろうか。みんな馬鹿みたいに朝っぱらから集合して、幹…

盛りだくさん

前回の日記からまた一週間が経ってしまった。今週は色々と山盛りだったので、日記を書いている暇がなかったように思う。実にたくさんのことが決まったり、起こったりした。一つには来年からの仕事が確定した。まだ前の内定先に断りの連絡をしていないので、…

特にありません。

気づいたら5日も日記を書いていなかった。やはり継続することは苦手だ。まあまず持ってして日記という物自体が自己満足意外の目的では、通常書かれないものであって、本来の僕は日記を必要としていないのかもしれない。というのは、今まで小中高大と生きてき…

庭の美しさ

前日に、Y氏から連絡があった。明日京都に紅葉狩りに行くから一緒に狩らないかとのことである。正直僕はその時点でかなり酔っ払っていて、明日もこれが残るだろうから、あまり家から外に出たくはなかったのだけれど、断るのもあれだったので、昼から一緒に出…

自由と告白

昨日届いたJSミルの「自由論」を読む。一行一行が刺さる文章で、刺激的かつ内容もとてもおもしろくて、一気に読んでしまった。 多数派の感情が依然として純粋で激しいところでは、少数は多数に従うべしという要求はほとんど弱まるところが無いのである。強制…

僕の大好きな青髭

この世界はピラミッドの集まりだ。生まれ落ちた途端から、俺達はピラミッドに圧しひしがれている。家柄のピラミッド、貧富のピラミッド、能力のピラミッド。そして、幼稚園から大学へと連なるピラミッドの階段を、一段一段登るという形でおれたちは成長し、…

研究室に行かない

昼頃に起きる。前日少し酒を飲みすぎた。原因は、一週間ほど前に半分ほど飲んだコノ・スルの赤ワインが残っていて、このままではだめになってしまうからいっその事今日全部飲んでしまえ、と思ったことにある。どうせなら炭酸も飲みたいなと思って500mlのロン…

新しい習慣

この間、仕事についてお話をして元気が出たのもあって、精神がだいぶ落ち着いたように思う。足をけがしてランニングできなくなって体力が余っているから元気が出たのかもしれないけれど、僕の感覚としてはこれは明らかに精神の作用であるように思える。ざっ…

同期に対して思うこと

おそらく彼は鬱なのだろう。かれこれ長いこと大学で彼の姿を見たことはない。 去年からその兆候はあった。大学院の授業では、ちょくちょく姿を見ていたが、ゼミの発表を見ている限り、自分の研究は殆ど進んでいないようであった。 教授が、いいように言えば…

仕事と生きること

内定先をかえようと思い、都合をつけてもらって、新しく行きたいと思っている会社の代表数名の方と会ってお話兼飲み会に参加した。 はじめはとても緊張して、上手く喋れなかった。僕を紹介してくれた人もなんとなく緊張していて、それが伝わったのかもしれな…

右足のことを考える日

最近ちょっと太ったように思う。ズボンを履いても少しふくらはぎのところが張っているように感じることが多い。体重で言うとそれほど変わっていないので、筋肉がなくなって脂肪に置換されているのだろう。 理由は簡単で最近食べ過ぎなのである。そして飲み過…

今日は良い日。

昨日とある友達と久しぶりに会った。前に会ったのは僕が就活をしているときであったから、かれこれ4,5ヶ月ぶりだろうか。前あったときよりも少し痩せて見えた。 彼女は前の職場で上司にいじめられて(そういうと彼女はそれは違うというだろうけれど、客観的…

最近の出来事

朝からとても寒い。もう京都の秋は終わったように思える。とても寒い。布団から出るのが億劫になってきているのを感じる。時間は11時を過ぎている。お昼過ぎからのゼミに出るために体を起こす。シャワーを浴びて、服を選びながら、ここ数日にあったことを考…

生きる目的

彼女は言う。「何も残らないものなんて無い」「何があって欲しいか、自分がどうなりたいか、それが大事なんだよ」「明るく前向きで痛いから、それにはなんでも楽しむこと、が信条だから」何かを残すために生きているわけではないし、自分がどうなりたいかな…

神経衰弱

最近何もしないということに耐えられない。何もしないというのは、本当に文字通りなにもしないというというより、生産的なことをせずに遊んだりするという意味あいである。要するに「パーッと遊ぶ」ができない。 昔は遊ぶとなったらやりたいことがいくらでも…

僕にできること

風邪もすっかり回復して、動き回る元気ができたので最寄りの駅のパン屋まで散歩。小さな地元のパン屋さんというまあ別に取り立てて美味しいわけでもなく、かと言って気取った値段でもない、実に庶民的(という表現が良いのかどうかはわからないが)なパン屋…

kaze

昼前に起きて今日もランニング。10キロ。左足が痛いのもちょっと治ってきて、少しスピードを上げても走れるようになってきた。その後は、珈琲屋にいってランチをして、授業。言語学の授業である。潜りの授業なのだけれど、話をしている先生がとてもたのしそ…

悪意

昨日あったことを書きたかったのだけれど、先程起こったことが僕の中で収まりがつかないので書く。 ランニングして帰ってきていると、目の前に車椅子に乗った爺さんがいた。彼は煙草を吸っていて、それを道端に投げたのだ。そして僕はそれを見た。 僕は基本…

いいやつは死んだ奴らさ

めも

病気とは、人々が金銭を払ってする道楽ではないし、罰金を払わねばならぬ犯罪でもない。それは共同体がコストを分担すべき災難である。 アナイリン・ベヴァン いい言葉です。穴井凛。

泥酔そして泥酔

夕方からの論文紹介に参加して、特にやることもないのでそのまま研究室を後にし、生協の本屋へ。目当ては森見登美彦の新刊だったのだけれど、なぜか置いておらずなんとなくいつもは読まない男性向けのファシッション雑誌を手に取った。そこにはおしゃれでか…

暇をもてあますということ

一日一日が、無駄ではなかった、なにか意味があった、そういうことを確認したくてこうやって毎日日記を書いている。別に無駄な日があってもいいんじゃないかという意見もあるけれど、僕は毎日が無駄であってはほしくないと、どこかで思っているのだろう。逆…

失うということ

左足を痛めた。多分この間の月曜日に、革靴を履いていろいろと歩き回ったからに違いない。ほんとうはあの日に革靴を履いていくべきではなかった。だいたい革靴で歩き回ったら足に悪いのなんかわかりきっている。でもその革靴はこの間ようやく買った茶色のプ…

美容室

髪を切った。前回切ったのはちょうど3週間前で、そんな頻繁に切りに行くの?となるわけだけれどそれは前回の終わりに美容室のお兄さんに「3週間以内なら今回と同じ内容であれば1000円でできますよ」と言われしかもその場で次回の予約をさせられたからなのであ…

デート

昨日僕はデートをした,ようである. デートとは一体なんなのか.女の子と一緒に二人で遊びに行けばそれはデートだという人もいるだろうし,そこにすきな人という条件を入れる人もいるだろう.僕の認識としては,後者であるから今回はデートではない,と思っ…

夕日

すっかり夜があけるまでの時間が早くなって、気づいたらもう秋が来ていて、もっというともう冬が来ようとしている。 ちょっと前まで暑くて辟易していたのに。不思議な感覚になる。時間というものを感じる。 たいして変わらないように見える毎日だけれど、だ…

休日

久々に先輩たちと飲み会だった。 一人はたまにと言うか最近一緒に仕事をしたりしていて、それなりに顔を合わせることもあるから、あまり久々という感じはなかった。もう一人は今は和歌山で教員をやっていて、時々流れるSNSの情報を見ていると、なんだか疲れ…

最近思ったこと

最近運動を良くするようになった。それはほとんど毎日のランニングだ。朝でも夜でも、気が向いたときにふらっと走りにでて、だいたい10キロぐらいを一時間ほどかけて走る。 大抵はお気に入りのプレイリストを聞きながら。たまにGooglePlayでおすすめされた、…

生きること

いろんなことがあった.いろいろとあった.僕はいろいろとあった.いろいろと. でも今日は僕は楽しいのだ.お酒を飲んだ日々もあった.毎日のように飲んだ.でも僕は今日から生きるのだ.生きるのだ.僕は生きる.

昨日の珈琲

頭が痛い。正確には痛いというより、重たい。けだるい。起きて動こうとすると、頭以外の体がそれを阻止しようとする。 たぶん昨日飲み過ぎたのだ。そしてそれはいつものことだ。 楽しくなってお酒を飲み始めると、いつも自分が次の日動ける大丈夫な量を超え…

いずこへ

私は一人であった。 今も一人であった。 深夜バスに一人で乗り込み、三列シートの窓際の席で、読書灯を照らしながら、眠れられない夜を過ごす。効きすぎたクーラーがしんみりと体を冷やす。私は彼女のことが好きなのだろうか。愛はそこにあるのだろうか。そ…

帰省

今年の帰省が終わる. 思えばながい帰省だった.この四国の田舎に帰ってきたのが15日だったような気がするので,だいたい2週間ほど帰っていた計算になる. 大学生になってからは,「いつ帰るのか」という両親からの圧力もあって,夏は毎回帰省するようにして…

ひとに見られるということ

最近ランニングをしている. 今僕は,帰省していて愛媛に帰ってきている.実家があるのはその中でも街中にある.近くには山に作られた城とその周りにある堀,その内側は今は公園となっていて,きれいな美術館も立てられている. 反対側には,一番の繁華街で…

親父

昨日親父と初めて議論をした.二人ともちょっと酔っ払っていて,いつもは話にならないようなことで話をしたいような.二人とも言わなくてもいいことを言いたいような,そういう状態だったせいだと思う. 議題は世界連邦はあるべきかどうかという話だった. …

堕落論、大阪の反逆

どちらも坂口安吾の短編の一つである。両方共に新潮文庫の「堕落論」に収められている。 坂口安吾の思考が僕はとても好きで、一番最初に読んだ時はとても衝撃を受けた。確かアルバイトに向かう途中の電車で読んでいたのだけれど、これはすごい本を見つけてし…

卒業のことを考えるなどする

2016年8月2日。 朝起きない。それはすでに起きているからである。前々日に酒を飲んだせいで、だいたい13時間ほどの睡眠をとっていて、そのせいで眠れなかった。 特にやることもない。だらだらと国際政治と世界史の本を読むが、大して頭に入ってこない。前の…

生きなければならない

風が立った、生きなければならない。 なんで風が立ったぐらいで、生きなければならないなんて、壮大なことを思うのだろう。そう思っていた。 しかし、今日、あまり寝ていない寝ぼけた頭で、大学へと向かう自転車を漕ぎながら、曇天の空の下で、同じことを思…

まいど、おおきに

今日目が覚めたのは午後1時をすこし過ぎた頃だった。外はセミの大合唱でそれ以外の音が何も聞こえない。 体がだるい。全身が汗でびっしょりとしていて気持ちが悪い。 前日に飲み過ぎたビールとハイボールが原因だ。最近は毎日とても暑いからどうしても夜にな…

お酒いち

タマリ レゼルヴァ マルヴェック 酸味が強い、後味は下に残るアルコール感とタンニン お値段なりかなぁという感じではあるけど、酒飲みとしては嫌いじゃないなー。今日も1日。

衝動買い

Tシャツを買いました。 僕はあまり衝動買いをしない。 買い物をするときは「今日は~を買うぞ!」と意気込んで、そして計画を立てたうえで出かける。例えばコートを買うんだったら、どういうコートを買うのかを事前にネットで色々と調べるところから始まる。…