The sun rises again.

たのしくにっき

満たされるごはん

最近ひどく生活に締まりがない。それは僕を縛るものがほとんど存在しないからであるのは明確であって、仕事もあまりやんや言われない、恋人もいないから定期的に人と会う予定もない、一人暮らしだからお金がないわけではない、などなどの要因が重なって、日…

海外旅行と利害関係

約10年ぶりに海外にいった。前回は親に連れられて行ったハワイで旅程から準備から僕はほとんど関与していないいわばお客さん的な旅行だったので、あまり記憶に無いし主体性も殆ど無い。故に今回の旅行は自分で考えて行くという意味で言えばはじめての海外に…

かわいい

彼女から別れ話を切りだされた。理由はこちらから連絡を取らなかったこと、その期間が三週間にもおよんだこと、それに対しての事前連絡がなかったこと、の三点であるらしい。「ふーん」と思った。語彙がないが、そうとしか思わなかった。とくに連絡すること…

模範的休日

ゴールデンウィークの予定は何もなかった。仕事が忙しくて遊ぶ暇が無いわけではない。スケジュール通りのお休みは取れていたが、特にどこかにでかけてやろうとか、実家に帰ろうとかいう気持ちにならなかった。もっとも高校の友人に、一緒に地元に帰って行き…

京都

ちょっと思い立ったのだ。京都に行きたくなった。 適当に財布と携帯だけ持って、なんとなく最寄りのJRではなくわざわざ中之島の京阪の駅まで歩いた。それは大学の時良く乗った電車にまた乗ってなんとなく回顧したいという思いもあったのかも知れないし、ただ…

歯車

それはカッフェという名を与えるのも考え者に近いカッフェだった

張り合い

もう駄目だあってなって、会社を休んでしまったのはもう何度目だろうか。特に何が否になるわけでもないのに、会社に行くことができなくなってしまうんだよな。 いや理由ははっきりしているのかもしれない。それは僕が会社に行っても、別に行かなくっても、特…

ハッピーバースデー

誕生日だった。祝ってくれたのは数人の友達と母親からのLineのみであった。僕はいつもどおり昼まで寝て、なんとなく起きてきてから仕事を少しすすめていると気づけばもう11時を回っていた。空腹であることに気がついたので、深夜までやっているスーパーに買…

こころ

気づけば2018年になっており、もうすぐ僕は年を取る。年をとったからと言って何が変わるわけでもない。だた数字の上でまたひとつ年を取り、死へと近づいているだけである。 最近の話をしよう。一番変わったことは去年と比べてとても太ってしまったということ…

年末いろいろとあり気づけば一週間ほど実家に帰っていた。久しぶりの実家には家族全員が久しぶりにそろっていて、なんとなく高校生の時の賑やかな雰囲気を彷彿とさせた。もちろん皆大きくなっているからちょっとちょっと違っている。しかし中身はほとんど変…

発表

久しぶりに人の前に立って喋る機会だった。とても緊張した。おそらく同じ会社の同期にも社長にもそれは気づかれていて、明らかにいつもよりも優しい顔で「自分はもっと緊張したし、大丈夫だから」と言われた。 実際はどんな顔で言われたかは緊張しすぎてよく…

undefined

なんてことはない火曜日だった。朝起きてからランニングして、オフィスに行くといつもの通り上司は遅刻していて、お昼には近くの定食屋で同期とご飯を食べ、突然降ってきた仕事にひいひい言いながらなんとか片付けて。 そして二年ほど付き合っていた女性と別…

2017/08/29 社会との距離感

最近色々なことを考える余裕がなくなっている。というより一つのことに集中して立ち向かうことができていない。昔は本を一冊読むなんて造作もないことだったように思われるが、今では好きな本ですら数ページ読むのでもしんどい。集中が続かない。そうして昨…

京都

今日から弊社ではお盆が始まる。大企業だと9連休とか11連休もあるみたいだけれど、うちのような零細ベンチャーではお盆は5連休である。実家に帰ろうかなとも考えたけれど、世の中が一般的に休みなときに帰るとなると交通費は高いし人は多いしでそれを考える…

2017/07/12

朝起きると、セミがわんわんと鳴いていて、ジメッとした空気があたりを漂っていて、それはもうまさに夏だった。 前の晩に夜遅くまで本を読んでいたので幾分頭が重たい。 読んでいたのは、囚人が本をよむ会をボランティアで開く女性が主人公で、はじめはあま…

会社

今日、朝7時頃に起きてああ今日も会社に行かなくてはだめだと思った瞬間に、とてつもなく会社に行きたくないしまったくもって頭は働かないしもうこれはだめだと思って、会社を休んだ。 「体調不良により本日はお休みさせていただきます」 僕が所属している会…

土曜日

ここのところ数週間、土曜日を一日まるごと睡眠に費やしている。いつもの日よりもちょっと寝てしまったとかではなく、本当にまるごと一日寝ている。今週は、金曜日(というか土曜日)の夜1時ごろに寝て、起きたのは土曜日の21:34だった。ざっと21時間、ぼんや…

人間の条件

題はアーレントから戴いた。 しかし、アーレントの人間の条件は読んだことがない。ふと人間の条件という事が思い立ったからだ。 今日は日曜日だから、どこかに出かけようという話をしていた。しかし僕がうだうだと寝ていたせいで、出かけたのは15:00を過ぎて…

5月

4月が終わった。新社会人となって初めての4月が終わったことになるが、思い返すとたくさんの新しい経験と危機感とを感じ続けた一ヶ月だったように思う。 会社のこと 会社がどういう商売をしていて、どう成り立っているのかは、正直入社するまでちゃんと把握…

平日の休日

今日は平日であるが、休日である。休日となったのは、私が日曜日に仕事をしたからであって、休みの取れるうちに休みはとれという上司の意見からでもあった。 平日にやすむとなると、なんとなくうれしい一方で、周りは働いているのに自分だけ休むのもなぁとち…

社会人

入社してから一週間がたった。長いようで短いようで、でも一つだけ言えるとすれば、今のところ仕事はとても楽しい。 それは、与えられた仕事をただこなしていく、というスタイルではなく、自分で仕事を選ぶそしてこなしていっているからだと思われる。大きな…

生きる目的

昨日は久しぶりに高校の同期と飲み会であった。グランフロント大阪の地下にある世界のビール博物館で、麦酒の飲み放題コースが5000円からあると聞いて、一杯やろうという話になったのである。普通に頼むと一杯1000円近くする麦酒が飲み放題となるのだから、…

我が家にて

私はこの3月が終わると社会人一年生として、世の中でやっていくことになっていて、学生としての休みはこれが最後である。周りをfacebook等で見渡すと皆沖縄だの北海道だの海外だのに旅行に行っていて、最後の学生としての休み、言い換えれば何も考えずに休め…

区切り

先日、大学院の卒業式があった。本当はこの手の行事物はあまり参加したくはないのだ。節目が来たからと言って、特に新しく私ができることが増えたわけでも何でもないし、時間と移動する体力を奪われてしんどいだけだ。 しかし母親が実家からわざわざ出てきて…

結婚式

先日人生で初めての結婚式に出席した。 結婚するのは、今度働くことになる会社の社長さんである。今まで結婚式に参加したことがなかったので、誘われたときには、ついに結婚式に出られる、という興奮で即是に参加します旨を伝えたのであったが、日にちが迫っ…

ホワイトデーのお返しをしなくてはならない。そう気がついたのは、すでにホワイトデーがとっくに過ぎた3月半ばであった。そもそも、バレンタインデーとか、ホワイトデーとか、ハロウイーンといった行事に対して、あまり関わりのない人生であったため、日付を…

「京都から離れるの。寂しいものですね。」 「はあ。」 「今度はどこに行かはるんですか?」 「大阪です。」 「大阪!東京京都ときて今度は大阪ですか!いろいろ行かはりますね。次は北海道かな?」 「はは。ことによると沖縄かもしれません。」 「でもあれ…

進行よし

久しぶりに香川に居る母方の祖父母の家に行った。仲が悪いというわけではないのだが、ただ物理的に香川が遠いという理由によって、あまり顔を見せる機会がなかったので、就職という節目で一回会いに行ったらどうか、という話になった。 松山から特急しおかぜ…

彼女は仕事ができない

スーツを買いに行った。地元の商店街に入っているチェーンの店で、以前京都でも数回そこでスーツを仕立てたことがあり、その時の価格と形が気に入っていたので今回もそこで買おうと思ったのである。 びっくりしたのは、夏に入っていたはずのサイズが入らず、…

インフルエンザ

その日は久しぶりに高校の同期と旅行に出かけていた。 学生最後の休みを故郷の四国で遊ぼうと企画された旅行で、前々日には市内を駆けまわって松山城、分校ラーメン、母校、そして道後温泉と飛び回り、前日はレンタカーを借り、四万十川で川遊びをしたあと高…